最初の手がかり

長く続いている建築家オウチーノに作品掲載しました。

【O-uccino】アトリエのある住まい|建築家・田代智子さんの作品事例

 

家族の要望もありましたが自邸なので、ほぼ自分だけで考えることも多く、かえって迷ったことも多々ありました。

まず敷地からプランニングというのは当たり前のようにあるのですが、最初の手がかりって何だろうと考え直したりしました。

 

振り返ってみて、世界観、自然観、ストーリー、基本理念、イメージ、いくつか思いつきました。

 

住宅というのはやはり個人主体のものと思っており、世界観・基本理念、というのはあまりにも重たく,

ストーリーというのは、生活の場であり長い間に変化もありうる(物理的にも心理的にも)建築にあっては決めきれない気がします。

よくイメージという言葉は使っていましたが、これだと視覚だけに頼ってしまうことも多いように感じてきました。

 

今回の掲載文を書きながら、全体像という言葉がしっくりきました。

もう一つ、やはり自然観というのはどんな環境であろうと持っていたいと思っています。

ちょっと理屈っぽくなりましたが、、また精進してまいります。